日本酒でひとつになったまちの物語

県下でも有数の酒どころ、鹿島市。
佐賀県西南部に位置した多良岳山系の清水や良質なお米に恵まれたこの土地では、江戸時代から酒造りが盛んに行われ、いまも醸造を続ける酒蔵が市内に6蔵あります。

その6蔵のうちの一つ、富久千代酒造の「鍋島 大吟醸」が、平成23年、IWCで世界一の栄誉チャンピオン・サケに輝きました。IWC(インターナショナルワインチャレンジ)とは、世界最大規模で最高権威と評されるワインの品評会です。その受賞以来、鹿島は「世界一の酒が生まれたまち」と呼ばれるようになり、県内外から注目を集め、訪れるひとも増えました。

「祐徳さんと干潟のまち・鹿島」に、「酒蔵のまち」という魅力が加わった現在。おいしいお酒を長いあいだ造りつづけてきた蔵人たちの思いを、まち全体で守り伝えたい。そんな気持ちがひとつに集まって、いま鹿島には新しい風が吹いています。

鹿島酒蔵ツーリズム® Facebookで発信中!

 

お知らせ・新着情報RSS

酒蔵コラム

酒蔵ツーリズムへの思い

飲むだけじゃない日本酒の魅力を伝えたい

鹿島スイーツページへのバナー

(C)鹿島酒蔵ツーリズム®推進協議会. All Rights Reserved.