協議会の取組み

協議会 の取組み

協議会設立後、今の取組みをどうしていくか月1回程度協議会を開催しております。まずは市内の酒蔵や地域の食や文化を紹介するパンフレットを作成しました。

また、鹿島の 酒のPR 及びその生まれたまちを楽しむ取組みとして、市内 6蔵の同時蔵開きをはじめ、これまで市内で別々に開催をしていた「花と酒まつ り」、「発酵まつり」、などのイベントと協力・連携し、「第 1回鹿島酒蔵ツーリズム」を平成24年3月24 日、25日の2日間開催し、鹿島市の人口とほぼ同じ約3万人の方に訪れていただきました。
当日は、各酒蔵及びイベント会場を巡る無料循環バスの運行、6蔵を巡る手形やスタンプラリー及びツーリズム記念グッズ( 6蔵酒セット、前掛け、お猪口等)の販売も 行っています。

さらに、2013年3月30日(土)31日(日)に開催した『第2回鹿島酒蔵ツーリズム』では、「まちなか博物館」「祐徳門前春まつり」などのイベントとも協力・連携し、約5万人の方に訪れていただきました。
参加者の状況としては、IWCチャンピオン受賞効果もあり鹿島市へ初めて訪れる方も非常に多く、遠くからは東京方面からもお越しいただきました。

アンケート結果では約9割の方が何かの買い物をして頂いており経済効果もでています。

イベントの様子

第1回鹿島酒蔵ツーリズム(2012/3/24~3/25)の様子

第1回酒蔵ツーリズムの様子

第2回鹿島酒蔵ツーリズムの様子(2013/3/30~3/31)の様子

(C)鹿島酒蔵ツーリズム®推進協議会. All Rights Reserved.